遺骨を納める

葬儀の様子

建物が多くある都会の街、東京都では、お墓などを探す際に遺骨を一時的に収蔵することができる納骨堂があります。昔は一時的となっていましたが、最近では、永久的に遺骨をおいておくことができる施設として、活用されることが多くなっています。
納骨をするタイプはいろいろな物があり、施設の中にあるロッカー型や棚式などがあります。そういった施設の中にある骨壷に安置しておく事が一般的な納骨の方法になります。最近では、永久的に納骨することができるといった点から、仏壇式や墓石式の設備が整えられている納骨堂もあります。そういった便利な納骨堂が東京エリアに多くあります。
東京に住んでいるとお墓参りに行くことが難しくなります。そのため、近くにある納骨堂などに収めておくことでいつでもお参りに行くことができるので安心です。

東京は、大都市になります。小さな地域に多くの住宅などが立ち並んでいるので、墓を建てる土地がなく、不足している状況です。ですが、納骨堂に収めることで、遠方で土地を借りてお墓を建てる必要はなく、屋内にある仏壇式やお墓式の納骨堂でお参りをするといたった感覚を持つことができます。また、草木などを除去することやお墓を掃除するといったお手入れをする必要がなくなるなどのメリットもあります。
他にも費用面で節約することができます。お墓を建てる時には、規模によって異なりますが、墓石だけでも100万円から300万円近くかかります。そして、土地の費用もかかるので、多額な費用が発生します。東京になるとさらに高くなる可能性も考えられます。
そういった事を考えると納骨堂に収めることの方が安くすみます。納骨堂に収めるときには、平均100万円くらいになります。トータルを考えると納骨堂の方が安いです。